PHOTO SESSION

60年目の開拓村

c0143722_11434183.jpg


                 今年も一年、私の拙いブログをご覧いただき有難うございました。

                 来年も皆様にとって、幸多き年になりますように。




                 
                 まだ敗戦の色濃き昭和25年

                 数十名の開拓団が、この地大野ヶ原に入植した

                 山口あたりからの入植者が多かったように記憶している

                 その頃の話に詳しい人に聞くと、並大抵の苦労じゃなかったらしい

                 当時、あたりはブナなどに覆われた準平原の原生林であった

                 おまけに太古の珊瑚礁で出来たカーレンフェルトと呼ばれる

                 奇岩群が剥き出しである

                 さらには、四国の中でももっとも寒い地区で、豪雪地帯でもあった

                 戦前は、陸軍の騎馬飼育場もあったようであるが

                 とても快適な住環境とは云い難い

                 現在は、30戸弱の酪農農家が生活されているが

                 乳牛の飼育、高原大根の栽培が中心である

                 14歳の時、初めてこの地に同級生と来てから数十年が経った

                 源氏ヶ駄馬に登ったり、洞穴探検をしたり楽しかった思い出が蘇る

                 この雪景色を撮りつつ、往時の開拓団の寒さ、辛さの一端を感じるのである

                 

                 




                 


                 
                 
[PR]
by mid_45 | 2009-12-31 12:39 | 山の四季